So-net無料ブログ作成
検索選択

ガイドパーカー 1994 spruce [ハードシェル(90年代)]

guide parka spruce b2.jpg

1994年製ガイドパーカー 色はスプルース


 ガイドパーカーはパタゴニアの歴代製品の中でもっとも暖かい製品といっていいと思う。
 
 特に2004年からの新ガイドパーカーでなく、このころの旧型のものが一番暖かい。

 これでスキーをやると汗だくになる。

 ガイドパーカーはパタゴニア日本支社が目白にできるより以前の1986年から製造されており、当時はガイドジャケットとの名称で、デザインも違っていた。92年からガイドパーカーとなった。
 
 いつぞやに当時のガイドシェルのように4つポケットのスタイルになって97年まで製造が続けれらたが、廃盤になり、その後しばらくの間、パタゴニアは暖かい製品を供給しなくなってしまった。 ようやく2004年に新ガイドパーカが製造され、その魂は2006年のストレートアウトに引き継がれたが、2007年からはマイナス30度にも耐えるとされるプリモダウンに取って代わられた。 

guide parka spruce b1.jpg


 スプルースは以前よく使用された色だが、いまいちである。
















nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

旧型スーパーアルパイン 1995マンゴー [ハードシェル(90年代)]

super alpine 1995 b1.jpg

1995年製スーパーアルパイン。色はマンゴー


 90年代中盤のパタゴニアを引っ張った製品はスナップTとスーパーアルパインといって過言ではなかろう。

 むしろ、これによってパタゴニアの知名度、人気が急上昇したというべきか。

 さて、旧型スーパーアルパイン。

 当時、容易には手が出せなかった最高級製品。
 縦横に走るアラミド繊維がなんとも特徴的でかっこよく見え、どうしても欲しかった製品だ。

 しかし、当時は目白にしか店がなかった時代で、小さいサイズはあっという間に売り切れてしまっていた。
 そのため、買えると(むろん、定価)それだけでうれしく、原宿のプロペラあたりのセレクトショップで定価+αで売られているのを見てほくそ笑んだものだ。

 本製品の登場後20年以上の歳月が流れた。

 その間、幾多の人気製品、名品が登場したが、それでも本製品とほど際立った特徴を持ちあせたものはないのではなかろうか。

 不朽の名品、旧型スーパーアルパインである。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

capilene glissade 1997 purple [R2 R3 R4・フリース]

cap glissade b.jpg

1997年製キャプリーングリセード


グリセードというのはパタゴニア製品の定番である。
昔の定番というべきか。 2015年に久しぶりにreversible snapT glissade という商品がでたが、短命製品であろう。

一言でグリセードと言ってもいろいろある。
まず、93年にパイルグリセードカーディガンとパイルグリセードプルオーバーが登場した。
前者にはヘザーグレイ、ブルーグラス、エッグプラント、プルシアンブルーがある。ヘザーグレイが人気がある。
プルオーバーにはコバルト、ナチュラルなどがある。

94年にはプルオーバーの名称がリバーシブルグリセードと変更になり、あのブルズアイが登場した。

96年に絶滅したかに思われたが、97年にはカーディガンがリバーシブルフルジップグリセードとして、プルオーバーがキャプリーングリセードとそれぞれ名称を変えて登場した。

本製品は97年の製品である。


グリセードはいずれも古き良きパタゴニア時代を感じさせ、大人気である。

本製品は他のものに比べて分厚くなく、すっきりしているので歴代製品の中で最もかっこいいと思っている。
表も裏も使える。
プルオーバーはフルジップに比べると頭からかぶらなければならない分着にくいのであるが、スナップTとシンチラジャケットを比べると前者のほうがかっこいいのと同じで、着てしまえばこちらのほうがフルジップよりもかっこいい。
















nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

パタゴニアの神対応 [全 般]

私は新型トレントシェルは気に入っていないので、本ブログの記事のために買ってみた1つしか持っていない。

2011年春製バリブルーである。

 そして完全にお蔵入りとなっており、ここ数年ほとんど袖を通していなかった。 それどころか、買ってからせいぜい5~10回くらいしか袖を通していない。それも、もちろん街着としての使用のみ。

したがって、ぴかぴかの新品同様(のはず)であった。

しかし、先日、クローゼットの中でふと目に止まったので、久々に羽織ってみるかと思って手に取ったところ、びっくり。


IMG_8794.JPG


ハンガーがあたる部分のインナーコーティングが剥がれていた。剥げは主に写真に撮った右肩。しかし、左肩の方も右側部分と同じハンガーがあたる部位に3本ほど切れ目が入っていて触れば簡単にはげる感じ。

ハンガーが擦れて劣化したのである。


あまりにももろい。

もっとも、3桁を数えるジャケットを有する自分にとっては1つの比較的気に入っていないジャケットが、よそ行きとしては使えなくなっただけ。

あきらめて、ブログでトレントシェルをこき下ろすかなと思っていた。

しかし、しばらく時間が経ったあるとき、ふと、「このもろさは果たしてパタゴニアクオリティを満たしているのだろうか」、などと思って、近くの直営店に相談してみることにした。

まあ、さすがに5年も前の製品だから無理かな、とだめもとの気持ちでいつつ、「交換してくれたらいいな~」と思っていた。

そして、事情を話すと、対応した店員は、傷の部位やほとんど使用していない製品の状態であることを確認した上で、「ハンガーにかけておいただけですか。これは早すぎますね。申し訳ありません。」と言い、あっさりと、同等品への交換を提案してくれた。こちらからは交換の「こ」の字も出していない。

「おおっ」

あまり好きでない言葉だが、あえて使いたい。これがパタゴニアの「神対応」といわれるものである。

 いやしくもパタゴニアが世に出した製品である以上、長持ちするものでなければならない。経年の「使用」により剥離などの劣化が生じるのは仕方がないが、そうでない劣化はやはりパタゴニアクオリティを満たしていないという判断であろう。 patagonia のプライドと言ってもいいものかもしれない。

交換可能との事なので、トレントシェルとは違う製品にすることも考えたが(差額金の支払いによりそれが可能なことはほかの人のブログで読んでいたので知っていた)、差額金を支払うのもちょっとと思ったし、なにより、「トレントシェルの不良品である以上、トレントシェルを受け取るべき」という気持ちもあったので、トレントシェルの中でなかなかいいと思った緑を選んで帰ってきた。

IMG_8803.JPG


4年分新しくなりました。

パタゴニア、ありがとう。
















nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

2016 夏の終わり [全 般]

まだまだ暑い日が続いているが、今日あたりはわりと夜風が寒かった。

2016年の夏は8月22日のセールの終了をもって終わりを告げ、またパタゴニアの季節がやってきた。

楽しい夏であった。

2016 summer.jpg


今年の夏の思い出はできましたか。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。