So-net無料ブログ作成
検索選択
アウトレット ブログトップ

パタゴニアのアウトレットは激安なのか? [アウトレット]

gen1_ex_bayside_6_10_09.jpg

 パタゴニア ベイサイドアウトレット(パタゴニアホームページより)



 日本には札幌南、大阪江坂、横浜ベイサイドと3店の独立のパタゴニアアウトレットストアがあるが(2011年6月開店のサーフ千葉はアウトレットを併設しているようだ。また2013年9月から目白ストアがアウトレット中心に変わった。)、私は3店とも(目白アウトレットも)行ったことがあるので、その傾向等につき自分の感じたところを述べてみようと思う。

 まず、これらのストアでは前年、前々年のものや当該シーズンの売れ残り製品が格安で販売されている。
 アウトレットでの格安販売だからといって、襟タグにはさみが入っているわけではなく、購入し、ひとたび値段のついた紙タグを取り外してしまえば通常製品との見分けはつかない。
 なお、米国のpatagonia outletでは売れ残り製品にはさみが入れられていることがままある。

 「格安」といってもアウトレットでの割引率は基本的に一律3割であり、半額になったりということは少なくともシェルに関していえばほとんどない。各店舗のシーズン終了時のセールと同じ割引率である。極めてまれに、スペシャルセールとして不人気シェルが半額になっていることもあるが、サイズがXSとXLしかなかったりしてS、M、Lはほとんどない。
 
 そもそも一般にS,Mなどの小さいサイズはやや少なめである。特にSはないことが多い。LやXLが多い。

 どの店舗も狭く、品揃えはよくない。やはり人気製品は玉数が少ない。一般的な人気が高いダウン製品類などはほとんど色やサイズがない。当然ながら、定価でさばけてしまい、アウトレットまで来ないためである。

 色について言えば黒は少ない。紺など落ち着いた色もやや少ない。赤とかオレンジとか派手めな色が多い。

 当該年度のモデルでも、黒は定価で一般店舗で売られ、色物のみがアウトレットで3割引で売られていたりする。
 もっとも、アウトレットで割引で売っているのと同じ色を一般店舗で同時に定価で販売していることはさすがにないようだ。

 シェルジャケットの黒のSやMがアウトレットにおいてあったら、その製品はかなり人気のないモデルと判断して差し支えなかろう。

 欲しい製品の色が黒でサイズがS,Mだったら一般店舗で見つけ次第買ったほうがいいということになる。

 時期としては、1月、2月は当年度の製品の売れ残りがまだ入ってこないので、品揃えが悪くほとんどL,XLしか置いていない。やむなく、「大きいサイズセール」などをやっていたりする。

 3月のセールの後くらいが各店舗のセールで売れ残った品が届くので狙い目である。ちょうど今ころだ。

 アウトレットストアには古いカタログが置いてあるので、レギュラーシーズンにもらい忘れたものがあったらもらってくるといい。ただし、目白店には新しいものしか置いていない。

 簡単に主題についての結論をまとめると、パタゴニアアウトレットはあまり安くなく、品数、サイズも少ない、というのが私の見方である。一般店舗で定価、もしくはセールで買う方がいい。

 なお、米国のpatagonia outlet は全然違うのでいずれ書いてみたいと思っている(こちら→patagonia outlet)


























nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

アウトレット札幌南 訪問記 2011年3月 [アウトレット]

patagonia sapporo minami b4.jpg

パタゴニア アウトレット札幌南店


 先日、えいっと飛行機に乗って札幌に行ってきた。

 2008年にできたアウトレット店、札幌南。 趣のある建物だ。蔵を改造した店舗。



 地下鉄を「すすきの駅」で降りて、ケンタッキーを右折。右手の地下にもぐる入り口がすすきの駅。
patagonia sapporo minami.jpg


 ビジネスホテルの間の道を直進する。
patagonia sapporo minami b2.jpg



 しばらくすると、看板が小さく目に入る。オレンジの看板の手前に見える。
patagonia sapporo minami b3.jpg




札幌南店は一階だけの店舗で手前がメンズ、奥がウィメンズになっている。 ちょうど行った時期がセールの後の3月下旬ころだったので、比較的商品があった。

ストレットエレメント、バターシーダウン、ダウンセーター、インサレーテッドアウトスカーツ、プリモダウン、パウダーボウル、プリモ、ウィンドプルーフテイラスフーディーあたりは色とサイズによってはそこそこあった。Mもあるものも多かった。ただし、以前、パタゴニアアウトレットは激安なのかで述べたように、黒はやはりアウトレットでは見かけることが少ない。

黒が欲しかったら一般店舗でそのシーズンの初めに買うのが一番いい。

そんな中、アントラックド・ジャケットについてはS黒があった。S黒がアウトレット行きになるということはこのジャケットの運命は短いということであろう。

ストームジャケットやダスパーカーなど人気の製品や、トレントシェル、レインシャドー、ストームライトなど一般店舗で春物として売られているものはなかった。

人気色と思っていたBali blueが結構売っていたので、同色は人気はあるも、その色だけ売り切れるほどのものではないということが分かった。

店を出ると吹雪になっていた。
patagonia sapporo minami b5.jpg



↓ アウトドアブログランキングです。
人気ブログランキングへ

↓ パタゴニア新品が安い店。おすすめ Mike Museum









TopIsmトップイズム

↓ パタゴニア中古 カインド(Pでブランド検索)←安い


↓ パタゴニア中古(パタゴニアでカテゴリー一覧を検索) 


↓ パタゴニア中古(パタゴニアで商品検索)←品数豊富


品数豊富→パタゴニア中古 INSTINCT(パタゴニアで商品検索)→

↓ パタゴニア中古 Ambitious(パタゴニアで商品検索)

















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

アウトレット江坂 訪問記 2011年4月 [アウトレット]

esaka b5.jpg

アウトレット大阪江坂


アウトレット江坂に行ってきた。先日の札幌南に続くパタゴニアアウトレット行きだ。


新大阪駅で新幹線を降り、地下鉄御堂筋線で2つ目の江坂で下車する。僅か数分であり、新幹線からのアクセスが実に快適。料金は200円。

⑦番出口を出て、一番遠くまで歩道橋を歩く。
esaka b1.jpg


esaka b2.jpg


歩道橋を降りるとサニーストンホテルの看板が見える。
esaka b3.jpg



そこの交差点を右折するとすぐに向かい側に店舗が見える。白い建物の1階だ。
esaka b4.jpg



 店舗は1階だけで、入って右側がレディース、左側がメンズ中心になっている。

 4月中旬になるとアウトレットストアも春夏中心になり、シェルジャケット等は奥に追いやられる。

 そんな中、レトロXジャケットが比較的中心部に鎮座していた。

 奥の方に行くと少しジャケット類も見える。

 フーディニフルジップはオレンジのSがあった。グリーンはいいサイズなし。

 トラバースジャケットはいろいろな色とサイズあり。つまりあまり人気のあるモデルではないということ。

 札幌南店の時にウィンドプルーフテイラスフーディーがあったと述べたが、ここにはフードなしのウィンドプルーフテイラスの黒S,黒Mがあった。ちなみフーディーの方もみたところ、Mサイズであれば黒があった。
 
 札幌南店に黒Sがあったアントラックドジャケットは黒Mがあった。

 Fog色?のナノストームもSサイズあり。当然黒はなし。

 フィッツロイダウンが黒Sあり!。他のサイズはない。早い者勝ちだろう。

 ストレッチエレメントもサイズと色がいくつかあった。
 
 その他、バターシーダウンが黒以外の色のSがあったりした。

 マネキンがダスパーカーを着ていた。着ているものでいいなら買えるのだろう。

値段は相変わらずどの商品も3割引だった。



↓ アウトドアブログランキングです。
人気ブログランキングへ

↓ パタゴニア新品が安い店。おすすめ Mike Museum









TopIsmトップイズム

↓ パタゴニア中古 カインド(Pでブランド検索)←安い


↓ パタゴニア中古(パタゴニアでカテゴリー一覧を検索) 


↓ パタゴニア中古(パタゴニアで商品検索)←品数豊富


品数豊富→パタゴニア中古 INSTINCT(パタゴニアで商品検索)→

↓ パタゴニア中古 Ambitious(パタゴニアで商品検索)


















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

アウトレット江坂訪問記 ~再び~  2011.6下旬 [アウトレット]

esaka b1.jpg


立ち止まると汗がふき出すような暑さの中、アウトレット大阪江坂に行ってきた。

江坂の訪問記は2つ目。店への行き方等は1つ目を参照されたい。
 また、パタゴニアアウトレット全般については、パタゴニアのアウトレットは激安なのか、を参照のこと。

さて、肝心の中身であるが、「うーむ」、相変わらずなんの面白みも収穫もなかった。
季節柄仕方がないのだろうが、ジャケット類については前回置いてあった売れ残りの中のさらに売れ残りが相変わらずの3割引で売っていたという感じだ。
Stretch element gray xs,s,m
M10 orange, green xs,xl
Eco rain shell khaki xs
Houdini 、Traverse, integral などがぱらぱら。


むろんシャツやTシャツが売っていたが、興味がないので目は向かなかった。

入り口付近にトレントシェルがアウトレット対象外として置いてあった。あまりにもシェルの在庫が貧弱なので、シェルを買いにきた人に勧めるのだろうか。

5分と店にはおらず、店員と会話を交わすこともなく、さっさと退散した。

しばらく江坂に行くのはやめよう。札幌南やベイサイドも同じだろうから行く価値はあるまい。

esaka b2.jpg

心なしか駅も少しうらぶれて見えてしまった。












続きを読む


札幌南アウトレット訪問記 2012.9上旬  [アウトレット]

 先日、時間があったのでアウトレットストアである札幌南店に行ってきた。

sapporo south b.jpg


 1年半ぶりの訪問。
 すすきの駅からの行き方などは前回のを参照されたい(ただし、すすきの駅降りた後の角のケンタッキーはなくなったか、看板が変わっていた。多分)。
 

 ざっと見てみてびっくり。大量の各種製品が各サイズ、各色そろっていた。

 例えば、今年の秋冬物としても当然ラインナップされているスーパーアルパイン、スーパープルマ、トリオレット、ピオレットが何と各色、各サイズ勢ぞろい。
 アウトレット店というのは売れ残りを捌く店舗であるから、サイズや色の品ぞろえが悪く、欲しい製品の欲しいサイズ、色はなかなか手に入らなかったのが一般的であったが、これらの製品、よほど売れなかったのであろうか。 夏のセール直後で直営店での売れ残りが届き、品ぞろえが一番いい時期という事情はあったにせよ、ちょっと心配になってしまうほどの光景であった。

 パタゴニアは定価買いでないとなかなか手に入らないところに1つの価値があるとみているので、アウトレット店に品物があふれるほど製造しないで欲しいと思う所存。

 夏のセールでは対象外となっていたスーパーセルも4色、しっかり揃っていた。アップドラフトは1色だけ。トレントシェル、レインシャドーはたくさんの色があった。フーディニ、レトロX, レトロXベスト、ストームジャケット、プリモなどもあった。

 そして、夏のセール対象外であったR2もオレンジ、赤、明るい緑、黄色がそろっていた。茶色も少し。

 R3,R4は見当たらず。
 
 これらの製品はすべて3割引き。

 アウトレット店のセールとして特別に4割引きとなっていたのが、インサレーテッドパウダーボウルとスノーショット。黒もあったようだ。

 ここまで品ぞろえがあり、かつ安いとなると、札幌に住んでいる人にとってはもはや一般直営店(札幌北ストア)は不要になってしまうのではないだろうか。

  










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

アメリカのアウトレットは激安なのか? [アウトレット]

gen1_store_freeport.jpg

patagonia outlet freeport Maine(パタゴニアホームページより)



以前、日本のパタゴニアアウトレットについて述べたが、ここではアメリカのパタゴニアアウトレットについて述べたい。

アメリカにはいくつかパタゴニアアウトレットがあるが、私は米国最北の地、メーン州フリーポートにあるアウトレットに何度か足を運んだことがある。ボストンから車で3、4時間程北上したところに位置している。

フリーポートにはアウトレットモールがあるわけではないのだが、LLBean, coach, J CREW, banana republic, GAPなど、数々のアウトレット店が軒を連ねている。
 確かLL Beanのゆかりの地だったと思う。

パタゴニアショップの店舗は二階建てで日本の平均的なパタゴニアストアに比べると広い。

そして、本当に安い。

日本と違って、売り切りの方針をとっており、まず最初に3割引、次に5割引で、それでも残ったものはなんと7割引きくらいで平気で売られている。80ドルくらいでシェルジャケットを入手することができるのだ。品数もそこそこ揃っており、毎回違う製品が80ドルくらいで売られていた。

そしてさらに運がいいと圧巻の叩き売りに出会うことがある。
私はシェルドシンチラ(もちろん新品、ただしタグ切れあり。)を29ドルでかったり、水着を色違いで2つ、各5ドルで買ったりした。

別の機会に行った友人はショートパンツを色違いで3つ、各5ドルで買っていた。

パタゴニアの価格設定はただでさえ日本よりも安いのに加え、この大盤振る舞いであるから、パタゴニアファンにとってはまさにパラダイスである。


ほとんど他のOutlet店は見ずに、ひたすら3時間近く、すみからすみまで物色して、両手に抱えきれない程の製品をレジにもって行ったものだ。

そのためか、2回目行った時には、店員から、「I remember you」と言われてしまった。

 また、いずれ行きたいものだ。






















目白ストアがアウトレットを開始2013.9 [アウトレット]

どうも目白ストアが2013年9月からアウトレットストアになったらしい。

mejiro outlet.gif


江坂、札幌南、ベイサイドに次ぐ4店目。東京では当然はじめて。

山手線の駅なので外出のついでにちょっと寄ってみるといい物に出会えるかもしれません。

mejiro outlet b.jpg

 アウトレットオンリーではないようだ。
















nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション
アウトレット ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。