So-net無料ブログ作成
検索選択

ガイドパーカー 1994 spruce [ハードシェル(90年代)]

guide parka spruce b2.jpg

1994年製ガイドパーカー 色はスプルース


 ガイドパーカーはパタゴニアの歴代製品の中でもっとも暖かい製品といっていいと思う。
 
 特に2004年からの新ガイドパーカーでなく、このころの旧型のものが一番暖かい。

 これでスキーをやると汗だくになる。

 ガイドパーカーはパタゴニア日本支社が目白にできるより以前の1986年から製造されており、当時はガイドジャケットとの名称で、デザインも違っていた。92年からガイドパーカーとなった。
 
 いつぞやに当時のガイドシェルのように4つポケットのスタイルになって97年まで製造が続けれらたが、廃盤になり、その後しばらくの間、パタゴニアは暖かい製品を供給しなくなってしまった。 ようやく2004年に新ガイドパーカが製造され、その魂は2006年のストレートアウトに引き継がれたが、2007年からはマイナス30度にも耐えるとされるプリモダウンに取って代わられた。 

guide parka spruce b1.jpg


 スプルースは以前よく使用された色だが、いまいちである。
















nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

旧型スーパーアルパイン 1995マンゴー [ハードシェル(90年代)]

super alpine 1995 b1.jpg

1995年製スーパーアルパイン。色はマンゴー。


 90年代中盤のパタゴニアを引っ張った製品はスナップTとスーパーアルパインといって過言ではなかろう。

 むしろ、これによってパタゴニアの知名度、人気が急上昇したというべきか。

 さて、旧型スーパーアルパイン。

 当時、容易には手が出せなかった最高級製品。
 縦横に走るアラミド繊維がなんとも特徴的でかっこよく見え、どうしても欲しかった製品だ。

 しかし、当時は目白にしか店がなかった時代で、小さいサイズはあっという間に売り切れてしまっていた。
 そのため、買えると(むろん、定価)それだけでうれしく、原宿のプロペラあたりのセレクトショップで定価+αで売られているのを見てほくそ笑んだものだ。

 本製品の登場後20年以上の歳月が流れた。

 その間、幾多の人気製品、名品が登場したが、それでも本製品とほど際立った特徴を持ちあせたものはないのではなかろうか。

 不朽の名品、旧型スーパーアルパインである。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション