So-net無料ブログ作成
検索選択

北斎キャンバスバッグ&T [アクセサリー等]

 
 パタゴニア定番の葛飾北斎、富嶽三十六景をモチーフにした製品。

 キャンバスバッグTシャツ

 キャンバスバッグ& T 表側
 
hokusai b.jpg


 T の後ろはこんな感じ。
hokusai t b.jpg



 いろいろなパターンがあるようで波打ち際がTシャツは右側、Canvas bag は左側になっている。

 










nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

live simply T [アクセサリー等]

live simply T.jpg

 live simply シリーズのTシャツ。去年の製品

 名称は忘れたが、古いパタゴニアファンであればすぐにピンと来る写真

 そう、94年秋冬物の表紙に用いられたものである。

 森に放置された廃車のボンネットから大きな木が伸びている。なぜかかっこよく廃車が自然と一体化している。

 あえて作出しようとしてもできない、自然がなした業であろう。

 あるがままでいいということだろう。

 live simply















nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

2015 秋冬物新製品 [新製品発表]

 何となく書くことがないな、と思っているうちに2か月が過ぎてしまった。

 そろそろと思っていたら、ちょうど2015年の秋冬物新製品が出ているようなので、少し見てみたい。

  値段の高い順で。

 まずは、これ。
 レフュージティブ ジャケット refugitive jk 64,800円。
 
refugitive jkt(64800).jpg


  ゴアテックスを用いた3層構造のアルパインクライミング用のハードシェルである。
  スキー、ボードにも使用可。
  
  種類としてはスーパーアルパインと同種。425グラムとSAよりも5g軽い。

  違いはこちらの製品は「ゴア・Cニット・バッカー・テクノロジー」なるGore texが用いられており、透湿性が高いらしい。
  SAは土砂降りでも対応可能、こちらはそこまでではない天候下での使用を想定しているのだろう。
  
 「高山での脱出の達人ためにデザインした」とされている。refuge を脱出と訳したようだ。「高山での脱出」とはどんなことを言うのだろう。


 次は、ストームドラフトジャケット stormdrift parka 57240円。
 
stormdrift parka(57240).fpx.jpg

 
 2014年秋冬物ではストームジャケットが姿を消したが、2015年春にstorm racer jkt が、秋冬にはstorm drift parka という名称を一部引き継いだ全く別の製品がそれぞれ誕生したことになる。

 ハイロフトインサレーションが施されており、1428gという重量からしてもかなり保温性の高い製品であろう。
  「体が凍るような厳しい寒さでも自由に動きつづけられる」とされている。

 イメージ的にはガイドパーカーに近い。ちなみにパタゴニアでは裾の長い製品がparka と銘打たれる。

 
 続いて、ナイフリッジジャケット knigeridge jkt 56160円。
kniferidge jkt(56160).fpx.jpg
 
 去年姿を消したknifeblade jkt の後継と思われる。アルパインクライミング用の製品。

 防水性ハードシェルに位置づけられているが、ソフトシェルの透湿性も兼ね備えてたハイブリッド製品とも言えるだろう。「ソフトシェルの透湿性とハードシェルのプロテクションをバランスよく提供する、伸縮性を備えた軽量な3層構造のポーラテック・パワー・シールド・プロ素材」を用いているらしい。


 ベターセーター3-in-1 48,600円
 
better sweater 3-in-1 parka(48600).fpx.jpg

  
 これは面白い製品。
 これまで、3-in-1 製品はいくつか登場しているが、そのすべてのインナーは化繊やダウンのインサレーションであった(と思う)。 これは中身がフリース。ありそうでなかった製品。
 
 また、3-in-1 製品は登場するときからその製品として登場するのが常であった。たとえばtres 3-in-1は最初から3-in-1で登場している。

 これに対し、本製品は、ベターセーターというしばらく前からある製品の派生製品として登場している。

 街着に使えるものだが、フリースのインナーなので、スーツの上に着るコートとしてはややカジュアルすぎる感があろう。

 
 デュアルアスペクトフーディー dual aspcet hoody 32,400円
 
dual aspect hoody (32400).fpx.jpg

 
 「伸縮性と通気性を備えた温かいポーラテック・パワー・ドライ素材に強固なプロテクションと耐久性を提供するパタゴニア独自のシェルド・ポーラテック・パワー・シールドを貼り合わせたハイブリッドの中間着。」らしい。

 R3風の格子柄が何となくいまいちな感じ。

 
 最後はこれ。リバーシブルスナップTグリセードPO。 23760円。
 
reversible snap-T glissade PO(23760).fpx.jpg

  
 去年はシェルドシンチラスナップTという謎のスナップTの派生商品が登場したが、今年は何と人気のグリセードとくっついてしまった。
 1998年を最後に表舞台から遠ざかっていたグリセードが17年ぶりに復活。

 リバーシブルであるあたりもグリセードらしい。

  ただ、見た目はなんか軽い。表現が難しいが、昔のグリセードの存在感、重厚感のようなものがないような気がする。

 現物を見るとどうだろうか。


 そのほかにもR3のリバーシブルフーディーなどの新製品があるようだ。

 去年に引き続き、鳴り物入りの新製品はなさそう。落ち着いた秋冬のスタートになりそうである。





 




 















nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。