So-net無料ブログ作成
検索選択

DAS parka 1998 blueribbon [ダスパーカ・ダウン]

das 1998 bllueribbon b1.jpg

 98年はパタゴニアファン涙の年である。

とにかく値段が高かった。

ダスパーカーは当時からある程度の人気製品であったが、90年代中盤はそれほど高い製品ではなかった。しかし、96年から右肩上がりの値上がりを始めたのだ。

   95年 DAS parka 30,000円
   96年 DAS parka 32,000円
   97年 DAS parka 36,000円

そして、なんと、98年には42,000円となってしまった。
   98年 DAS parka 42,000円

 毎年見ている者にとっては絶望的な値上げ幅であった。

さて、ダスの年度別順位を示すとどうなるだろう。
93、94ブライトパープルは別格として、次点が93~96のコバルト、次が98ブルーリボンではなかろうか。5年くらい前まではアシッドがブルーリボンと並んで人気だったが、今ではブルーリボンに大きく引き離されているであろう。96スペシャルアルファグリーンフェニックスレッドがこれに続く感じか。

 本製品は外側の青と内側のビビッドな赤がかっこいい。ワイルドな男性が着用しているとさらにかっこよくなるイメージバイク乗りとか現業作業員とか。

 本製品は私にはあまり似合わなかった。めったに着用することはないが持っていても悪くはない一品ではある。




















nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

ストームジャケット 2001 cerulean [ハードシェル(00以降)]

storm 2001 b1.jpg

ストームジャケット2001年製 色はcerulean(セルリアン)


本ブログにて頻繁に登場する最もかっこよかった時代のストームジャケット。

胸と腰にふたつずつポケットが付いている。

同じ青でもパタゴニア製品では年によってだいぶ雰囲気が違うのだが、これはけっこう明るい青で鮮やかな印象2000年のパシフィックブルーは若干くすんだ印象の青なので印象はだいぶ違う。

 もっともこの写真では暗すぎて色の印象までは示すことができない。

 私はこっちのほうが気に入っている。

 96年~05年までのストームジャケットはたくさん持っていていくつあるのかすら正確には把握していないが、これはかなりいい色で気に入っている一品である。














nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

パフスキー puff ski jkt 2005年 [ソフトシェル]

puff ski b1.jpg

2005年製パフスキージャケット 色はflint(火打石)

 2005年にはpuff の名を冠したジャケットが2つ誕生した。

 1つがパフライダーjkt、もう1つがパフスキーjktである。 なお、そのほかにマイクロパフという製品ももともとあった。
2006年には早くもパフスキーは廃盤となり、代わりにパフボウルjktが登場した。

 これらの値段はPuff rider が33,600円、Puff skiが48,300円、Puff bowlが42,000円である。

 このようにパフスキーが一番高く、しかも5万円近いので全製品の中でも結構高い位置づけである。
 しかし、一番高いのであまり売れず人々の記憶には残らずに、あるいは認識すらされずに、安くて一番売れるパフライダーと同じようなイメージで見られがちである。

 このようにパフスキーは悲哀を感じさせるジャケットである。

 しかし、このジャケット、中綿入りでとても温かく、かつするっと着用でき、着るときにひんやりすることもないし、何にでも合うので結構使い勝手がよく、気に入っている。

 使い勝手抜群の得難い一品だが、玉数は少なくなかなかお目にかかることはない。

 


 















nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。