So-net無料ブログ作成

グリセード ブルズアイ Glissade bulls eye 1994 [R2 R3 R4・フリース]

glissade bullseye b2.jpg

1994年製リバーシブルグリセード ブルズアイ



 1994年は空前のパタゴニアの当たり年だ。ダスパーカーブライトパープルを筆頭に、スーパーアルパイン、グリセードブルズアイ、アルターアイスアノラックなど、マニア垂涎の名品がいくつも生み出されている。

 まだまだ一部の人にしかパタゴニアが知られていなかった時代だ。

 その後にファンになった人は「94年にパタゴニアを知っていれば無理してでもたくさん買ったのに」と思うだろうが、当時からパタゴニアを好きだった者からすれば、「当時はそんなことは分からなかったよ」と言ってあげたい。

 私も価格が高騰してから買ったものが多い。


 さて、ブルズアイ。 

 ブルズアイにはそこはかとない威厳がある。存在感がある。ハンガーに掛けて眺めているだけでも満足感が得られる不思議な製品である。

 しかし、私は基本的にグリセードはあまり好きではなく、この製品も例外ではない。

 ブルズアイ地を表にして着ると、左右にジッパーポケットがあるようにみえるが、これが実はカンガルー式で中でつながっている。
 したがって、ここに財布など入れるとお腹の真ん中でストップして、かなりお腹のたっぷりした印象となってしまう。物は入れずに使用したい。

 裏返して使用すると、フリースに包まれる感じでとても暖かい。
 
 最大の問題点は、一般人の目にはあまりかっこよく見えないという点である。
 初デートででも着用しようものなら、センスを疑われる恐れが十分にある。
 
bullzaye b2.jpg

 玄人向け、パタゴニアフリーク用の製品といえよう。


 












nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

トーレジャケット torre jacket 1998年 黒 [ハードシェル(90年代)]

 伝説のジャケット、トーレもこれで3つ目。

1つ目は1996 コバルト
2つ目は1997ディープパープル


torre black b2.jpg

1998年製トーレジャケット 色は黒。
 


 以前紹介したディープパープルに次いでトーレジャケットのレアカラーである黒。
 
 スーパーアルパインの黒ラピスと同様、きれいな青と黒とのコントラストが美しい。


 若干のマイナーチェンジを経た後期型であり、左胸のポケットが斜めになっている。
 
torre black b3.jpg


 後期型は内側にメッシュポケットが付いている。
 
torre black b4.jpg




 着用感や使い勝手はこれらのマイナーチェンジで特に変化は感じない。デザイン的には97年までの直線ポケットのほうが好きだが、まあ、たいした違いではない。

 ポケットの使いにくさは変わりがない。

 
torre black b5.jpg
 

torre black b1.jpg

トーレジャケット。



















nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

リキッドスカイ 2000年製 mushroom [ハードシェル(00以降)]

 リキッドスカイを取り上げるのは3度目

 1つ目は2003年製エバーグレード
 2つ目は2000年製クラシックネイビー


liquid sky mashroom b1.jpg

2000年製リキッドスカイジャケット mushroom


 リキッドスカイはストームジャケットと似ているが、カラー展開が異なる。

 これは数あるリキッドスカイの色の中で、もっとも渋く、かっこいいものと思っている。サファリカーにこのまま乗ってもなんら違和感がないようなワイルドな土色である。

 ストームジャケットだとネイビーとか青とか基本的な色が中心となるので、リキッドスカイのこの色合いは貴重と思う。

 多数あるジャケットの中で気に入っているものの1つである。

 リキッドスカイはゴアテックス採用の点といい、49,000円という価格設定といい、ストームジャケットの上級製品なのであるが、パタゴニア好きの人を除いては両者の区別がつく人は少ないと思われる。

 知る人ぞ知る名品ということができよう。

 ストームとリキッドスカイ。近時の製品ではこのようなかっこいい4ポケットの製品がなくなってしまっており、さびしく思うところである。
 


















nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

R4ウィンドプルーフジャケット 2001 field green [R2 R3 R4・フリース]

R4 green b2.jpg

2001年製R4ジャケット。色はフィールドグリーン



初期型であり、希少品とされている。

以前も書いたと思うが、山あり刺繍タグはフリースにはよく似合う。初期型だけのものであり、ポイントとなっている。

R4は防風ジャケットであり、かなり保温性が高い。基本的にはアウターとしてとらえている。

しかし、フリースの限界があり真冬には寒い。
ということで同じイメージを持っているRetroXと使用場面がかぶり、なかなか使用されることはない。

引っかかって着にくい。迷った挙句、ついすっと着られるライトウェイトR4を選んでしまうことも多い。

しかし、公平に見て恰好いい一品だと思う。
















nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション