So-net無料ブログ作成
検索選択

目白ストア訪問記 ~Final sale中 2012.2下旬~ [雑感その他]

2月24日から26日まで、パタゴニア直営店限定のファイナルセールが行われた。

今回は目白店に行ってみた。

mejiro 2012.2b1.jpg


行きかたは簡単。JR山手線目白駅の1つしかない改札を出て左に進み、NTTdocomo(以前はTo the Herbsだったり、その昔はルノアールだったところ)を左折、少し進むと左側に見える。
mejiro 2012.2b2.jpg



目白店はかなり狭い店舗である上、ファイナルセールだけに15人~20人くらいの客がひしめいており、移動がやや困難なときもあるような状態だった。

このファイナルセールというものはかなりお買い得なようだ。

通常のセールでは割引率の上限が3割だが、4割引きの製品がいくつか出ていた。

4割引になっていた製品はスノーショット, 3-in-1 スノーショット, プリモ, パウダーボウル。プリモなど1割違うと7000円近く違ってくるのでお買い得だ。

ファイナルセールを経た売れ残り製品はアウトレット店舗に回るわけだが、そこでの割引率は3割であるから、このファイナルセールは4割引でパタゴニアを直営店で買う唯一のチャンスではなかろうか。

上記4製品を狙って待っていたとしたら、そしてほしい色とサイズが合ったのならば見事な粘り勝ちだ。

通常セールで除外品となっていたR2が一部セール(3割引)になっていたが、赤とかオレンジとか派手な色のみであり、グレーや青などといった落ち着いた色はセール除外品扱いになっていた。色によって違ってるのも面白い。新色だったのだろうか。

トレントシェルは相変わらず、青と赤以外は色がなかった。 レインシャドーは結構色があった。

4割引などになっている製品もある一方、新製品の多くは最後までセールに登場しなかった。イスマスパーカー、トレス3-in-1, スーパーアルパイン、スーパープルマ、トリオレット、ピオレットなどは登場せず。このあたりは来年のセールに期待だ。















nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

レトロX RetroX 1994 charcoal [レトロX・クラシックレトロ]

retroX 1994 b1.jpg

1994年製レトロX。色はチャコール。

ポケット周りが大きいところに特徴のある初期型レトロXである。

レトロXは95年までこのスタイルだった。96,97でポケット周りがすっきりして、98年から現行の胸ポケットがつく形になった。

98年以降のレトロXは格好よくなったので昔のスタイルは人気がなくなると思っていたのだが、そこそこ人気も継続しているようだ。私はこのもっさりした感じはあまり気に入ってはいないので、着用写真が見当たらない。

レトロXは防風フィルムが入っていて風を通さないので保温性が高い。

これの上にジャケットを着るとパンパンになってしまうので、ジャケットなしでしのげる気節のアウターとして用いるといい。

6.jpg

昔のレトロXにはPEFタグがついていて格好良かった。
このタグが毛羽立っているかどうかで概ねの中古コンディションが分かる。














nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

2012年春夏物発表 Super cell 復活 [新製品発表]

83820_889.fpx.jpg

2012年春製スーパーセルジャケット 色はdeep space


まだ2011年秋冬物のセール中であるが、早くも2012年春物新製品が発表されたようだ。

そして、何となんと、往年の名作スーパーセルがパタゴニア史上2作目のゴアテックスパックライトを搭載して復活した。

2001年のイーサージャケットの廃盤以降、10年以上眠っていたパックライトが遂にスーパーセルで復活する。

2層構造、2.7オンス、40デニールとのこと。

重さはわずか382g。値段は34,650円とリーズナブル。

シンプルなスタイルは旧型のDNAを引き継いでいる。

この復活は相当うれしい。

これは欲しい。

また、スーパーセルを楽しめる。

店舗に並ぶのはセールの後の2月28日からと思われる。


super cell 2012.jpg

Red delicious
パックライトの風格ある裏地。















nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

名古屋ストア訪問記~セール中~2012.2月中旬 [雑感その他]

nagoya store 2012.2b.jpg


 最近訪問記が名古屋ストアばかりになっているのが少し気になっているのだが、また行ったので、せっかくなのでメモしておきたい。

 日曜だったこともあり結構混み合っていた。前回のハイロフトセールの時よりさらに少し人が多い感じ。

 店舗ではウェブと違ったものもセール価格で売っているのかもしれないと思っていたのだが、新型ゴアテックス製品、R2、R4などはしっかりとセール対象外製品となっており、ウェブセールとの違いはなかった。
 
 さらに、ダスはオレンジしかないとか、トレントシェルはほとんど色がないといったところまでウェブと同じだった。
 
 ダスは黒が売り切れだから仕方がないにしても、トレントシェルなどたくさんの色の売れ残りがあるだろうにセールに出す色まできっちりと本部で決めているのだろうか。

 そうだとすると店舗に行ってみる面白みはほとんどないことになる。

 一月前のハイロフトセールのときより数が少なくなって、いくつかの製品が3割引になっただけの感じで、新しいものが入っていることはなく(スーパーアルパインのラグーンやスーパープルマは前回同様置いていなかった)、あまり楽しめなかった。

 まあ、そんなもんだろうか、セールというのは。

 結局何がセールになっているのかをちらちらと見て回り、3 in 1スノーショットあたりを試着してみるだけですぐに退散した。

 名古屋店にはやや飽きたので次の訪問記は違う店舗にしたい。

 
 

 












nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

sale 2012.2 [全 般]

M2_sale_S12-jp.gif


2月9日からパタゴニアのWinter saleが始まった。

webでちらりと対象製品を見たところ、スーパーアルパイン、スーパープルマ、トリオレットの復活トリオはセール対象外となったようだ。
トリオレットと並んで紹介されることの多いピオレットも対象外。

他方、同じゴアテックス採用製品でも、以前からあるプリモダウン、プリモ、インサレーテッドパウダーボウルあたりはセール対象となって3割引となっている。

人気商品のR2,R4も対象外。待っていた人には残念な結果となった。

ストームジャケットの黒Sサイズのような昔だったら定価でもなかな買えなかった製品が25000円前後で買えるのを見ると、ずいぶんとハードルの高さが変わったものだと思う。 

トレントシェルなどユニークなほどの安値になっており(ほとんど色がないが)、昔のイメージを快く思っているものとしては、いいのかな~と思う。


チャンスがあればセール中に店舗も覗いてみようかと思っている。















nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

ゴアテックスの種類の違いは? ~プロシェル, パフォーマンスシェル~ [全 般]

 
 2層構造、3層構造、2.5層構造の話はこちら

super alpine b4.jpg

スーパーアルパインのゴアテックス刺繍


 2004年以前のパタゴニア製品には普通のゴアテックス、パックライト、XCRの3種類のゴアテックスがあった。Gore tex がリキッドスカイとストームジャケットに、Gore tex packlite がイーサージャケットに、Gore tex xcr がアイスナイン、プリモにそれぞれ採用されていたものだ。

 これに対して、2011年秋冬物でパタゴニア製品に復活採用されたGore-texはpro shell とperformance shell の2種類である。

 ではプロシェルとパフォーマンスシェルの違いは何か。

 Gore-Tex社の情報によれば、
Pro shell は「厳しい環境や条件に対応するため、丈夫さを追求、防水耐久性、防風性、透湿性を兼ね備えた」素材とされ、「アウトドア専門家や本格的愛好家のニーズに応えます」とされている。
 他方、Performance shell は「耐水耐久性、防風性、透湿性を兼ね備え、風雨から体を防護し、快適性を提供します。」とされ、「広範囲のアウトドア活動に適しています」とされている。

 ほとんど分からないが、丈夫で防水性が高く、よりテクニカルなものがPro shell, 丈夫さや防水性はpro shell 程ではないが、快適に着用できるのがPerformance shell といったところか。 
 
 構造上の違いはよく分からない。ゴアテックス社は素材や構成等による両者の違いの詳細を開示していない。 企業秘密である。


パタゴニア製品に採用されたゴアテックスは以下のようになっている。
 
 super alpine 3層構造の3.8オンス・40デニール・ゴアテックス・プロ・シェル・ナイロン

super pluma 3層構造の3.2オンス・40デニール・ゴアテックス・プロ・シェル・ナイロン

triolet 3層構造の4.2オンス・40デニール・ゴアテックス・パフォーマンス・シェル・ナイロン

piolet      2層構造の2.7オンス・40デニール・ゴアテックス・パフォーマンス・シェル・ナイロン

primo down 2層構造の4.3オンス・70デニール・ゴアテックス・パフォーマンス・シェル・ナイロン

powder bowl 2層構造の4.6オンス・150デニール・ゴアテックス・パフォーマンス・シェル・ナイロン

 オンスは重さの単位であるが、一般に1ヤード×28インチ(約91cm×約71cm)の時の生地の重さを表示するそうだ。この数字が大きくなれば生地は厚く、重くなる。
 他方、デニールとは、ナイロン生地を織る糸の太さの単位で、この数字が大きくなると丈夫になる。しかし、その分しなやかさが失われるということになる。

 プロシェルは3層構造にしては重さが抑えられているようだ。重さを抑えつつ耐久性が高めてあるところがプロシェルと呼ばれる所以であろう。
 






















続きを読む


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

20000人到達 & 街で見たパタゴニア [雑感その他]

平成24年1月29日にFC2のカウンターが20000人に到達した。
ちょうどタイミングよくその数字を見ることができたので写真に撮っておいた。

20000.jpg


偶然にも20000人目がその日の171人目の訪問者で、1日の重複なしの訪問者数が最多タイ記録をマークしたタイミングでもあった。

ちなみにソネットの訪問者数では88000人くらいとなっているが、これは巡回ロボットの訪問を含むものであるからあまり気にしていない。


話は変わるが、先日有楽町の路上の靴磨き屋さんで靴磨きをお願いしたのだが、その職人がパタゴニアフリースを着ていた。
その人の名前は千葉さん。靴磨きのプロ中のプロで、雑誌等にも登場したこともある有名人だ。
「千葉スペシャル」で検索をするとヒットする。値段は1回900円となかなかだが、その価値がある。
R3のような感じの前あきのジャケットであったが、かなり使い込んである様子で袖口などに毛玉ができていた。

こういう自分の技術だけで勝負をしている本物の男がパタゴニアを着ているのを見ると少し嬉しくなる。


そんな風に思いながら歩いていたら、東銀座のカジュアルなフレンチレストランでロマンスグレーの50、60代くらいの男性が妙齢の女性2人と談笑しているのが目に入った。その男性は真っ赤なR2かR3のプルオーバーを着ており、これがまたその人のダンディーな雰囲気にマッチしていてなかなかかっこよかった。

金を出せば服を買うことができる。しかし、その服を着て格好よく見えるかどうかはその人物次第であろう。

それは姿形の問題ではなく、その人物の生き方、哲学、価値観がにじみ出たものではなかろうか。


自分もパタゴニアが似合う男になりたいと思う。

















nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション