So-net無料ブログ作成

人気記事best10等 ~もうすぐ半年~ [雑感その他]

shirakawago b2.jpg


 3月5日に唐突に思い立って始めた本ブログであるが、そろそろ半年になる。
 最初のころはすぐにネタ切れになるのではないかとも思ったが、いろいろと書きたいことがあってここまで来たし、今後もしばらくは続けることができそうだ。
 
 概ね正しい訪問者数を示すと考えているFC2カウンターによる重複なしの一日の訪問者数は8月15日に最多の129人をマークした後、検索サイト順位の3度目の激落ちに伴って激減し、20人前後で安定している。2度目の激落ちの際は一週間で復活したが、今回は2週間近く続いており結構長引いている。 どの程度で復活するのか興味深く見ている。

 
 さて、以前3カ月経過時点での人気記事ベスト10を記事にしたが、今般、約半年になるので、記録の意味で改めて現時点での人気記事ベスト10をみてみたい。前回から順位は激変している。


 1位は、前回圏外だったレインシャドーとトレントシェルの違いは?が奪取。圧倒的な530ポイント。新型トレントシェルもようやく入手したのでいずれ記事にしてみたい。
  
 2位は、レトロXベスト1998ナチュラルがキープ。457ポイント。なぜ、この記事がこれほど安定して見られているのか未だに分からない。謎である。

 3位は、前回10位のパタゴニアのアウトレットは激安なのか?が449ポイントで入った。 キャッチーなタイトルをつけて一般受けを狙った記事であり、狙い通りに上位に進出してきた感じだ。

 4位には、Gore-tex 復活採用、2011秋冬新製品が441ポイントで続いた。7月6日と最近の記事であるにもかかわらず、驚異的な伸びを見せてここまで順位を上げた。

 5位は、前回までの不動の1位、最も高いパタゴニアジャケットは何かpart.2が408ポイントで入った。前回はこの一連の記事が5位までに4つランクインしていたのだが、今回は10位までにランクインしたのはpart.2のみである。 めったにない渾身の記事であり、これらが落ちてくるのは残念である。

 6位は、アウトレット札幌南訪問記、2011年3月が入った。365ポイント。「パタゴニア アウトレット」で検索をすると、この記事が安定して上位に登場していた時期があり、そのためにポイントが伸びたものと考えられる。

 7位は、中野の古着屋、マーチ閉店の件が317ポイントでランクイン。 マーチで検索した人の多くが訪問したためだろう。マーチ人気にあやかった格好だ。

 8位は、2004年製フーディニフルジップ。 291ポイント。単体の製品紹介としては2位のレトロXベストに次いでいる。一般的に人気の高い製品だからであろうか。

 9位は、2010年製R2はすごいが289ポイント。前回、別のR2記事がbest10入りしていたが、今回はこっちの記事がランクインした。R2は依然、人気が高いようだ。

 10位は2011年秋冬物発表が288ポイントで続いた。

 8位~10位は僅差であった。
 2位、3位、5位以外は前回圏外もしくは前回以降の記事であり、結構入れ替わりが激しかった。 


 パタゴニアでは8月末でセールが終わり、9月から秋冬物のシーズンが始まる。10月には本格化するであろうパタゴニアの季節が始まった後、本サイトの訪問者数等にどのような変化があるのかないのか、やはり検索サイトの順位次第となるのか、今から楽しみである。

 












nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

パタゴニアを着るチャンスは? [全 般]

Tshirt b1.jpg

ベネフィシャルTシャツ(本文とは関係ありません)


自分の場合、平日は仕事でスーツなのでパタゴニアのジャケット等を着ることができるのは土日祝日のみだ。

秋冬物のシーズンである10月から3月までの半年間に土日祝日は60日ほどか。プラス正月休みがあるので、年間65日くらいチャンスがあるのだろう。
しかし、そのうち3分の1くらいはまともに外出しないこともあろう。とすると年間40日ちょっとくらいか。

私はこの数字よりもはるかに多いパタゴニアジャケット、フリースを所有しているので一度も袖を通されずシーズンを終えるジャケット・フリースがメインということになる。

しかも、気に入っているもの、着やすいものが選ばれやすいため、そうでないものは余計に頻度が落ち、買った当初、一回軽くテストされただけで何年経ってもお蔵入りというものも少なくない。

ブログを始めたことだし、今年の秋冬は少しこれまで陽の当らなかったものもテストしてみたいと少し涼しくなってきたここのところ、思っている。












タグ:Tシャツ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

大崎ストア訪問記(セール中) 2011年8月中旬 [雑感その他]

oosaki b1.jpg

 大崎ストア



 大崎ストアは山手線大崎駅直結のゲートシティ大崎の中にあり、駅から地上に降りることなくたどり着くことができる。正式にはゲートシティ大崎店というようだ。

店舗の広さは日本最大。ゆったりとしたスペースが2フロアーにわたっている。

 パタゴニアでは8月11日から春夏物のセールが始まった。通常セールが直営店、通販、ウェブアウトレットで11日~24日、ファイナルセールが直営店のみで25日~28日までだ。

 さっそく行ってみた。

 セールの対象はほとんどパタゴニアウェブアウトレットと同様であった。
 すなわち、M10、シェルターストーン、エコレインシェル、ストームライト、トレントシェルプルオーバーあたりが3割引きでセール対象となっており、他方、R2、トレントシェルジャケット、同パーカー、レインシャドーはセールになっていなかった。

 ただ、ウェブアウトレットで登場していないガイドウォーターがなぜか「4割引き」で売られていたようだ。欲しい人にとっては早い者勝ちの値段だろう。
 
 また、エコレインシェルはウェブでは変な色(レトロカーキ)しかないが、店舗では黒が置かれていた。

 セール対象となっているもののほとんどの製品で、黒でも全てのサイズがあった感じだ。以前述べたとおり、黒のSやMはほとんどパタゴニアアウトレットで手に入れることが難しい。アウトレットと同じ3割引きで買えるのだからセールで買うのが正解だろう。

 難しいのはR2、トレントシェルジャケット、レインシャドー等セール対象となっていない製品が欲しい場合だ。これらについては今はセール対象となっていないが、そのまま8月25日まで生き残った(売れ残った)場合にはファイナルセールの対象となる可能性があるからだ。

 パタゴニアジャケットは出ているもののみで在庫がない場合が多いので、誰かが買ったら終わりだ。 また、あくまでも「可能性がある」というレベルに過ぎず、セールに出されるかどうかわからない。秋冬物で継続販売される製品は出ないのかもしれない。

 待つべきか買ってしまうべきか。なかなか難しいところだが、見た感じトレントシェルジャケットはたくさんあったし、色もいっぱいあったので特定の色にこだわらないならそれなりに残るのではないかという気がしており、秋冬物の継続商品ではあるものの、ファイナルセールの目玉として登場すると予測しているのだが、果たしてどうか。
 もちろん、その場合でも人気色(黒、Bali blue 、Alpha greenあたり)は出るかどうかわからない。

 レインシャドーはそもそもほとんど玉数がなかったような感じだった。

 R2もファイナルで出るかどうか。やはり人気のAlpha greenは残らないかもしれない。

 ファイナルセールが始まった途端誰かに買われてしまう恐れもあることを考えるとなかなか微妙なところである。


 
oosaki b3.jpg

  階段の途中に歴代のカタログの表紙が飾ってある。一番左のものにはイヴォンが南極に行った時の写真が用いられた有名な1986年秋カタログのものだ。











続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

パタゴニアファンの憂鬱 [雑感その他]

t-shirts b4.jpg

ベネフィシャルTシャツ(本文とは関係ありません)



 「パタゴニアファンの」とまで一般化しては言えないかもしれないが、自分にとっては春、夏はつまらない憂鬱な季節である。

 秋、冬は休みの日に外出する度に何を着るかを選ぶ楽しみがある。もちろんパタゴニアのジャケット等のことだ。
家族と一緒の時には比較的落ち着いたもので外出することが多いので、たまに一人で散歩したりする時などには派手ものも含めて自由に選べる。フレンチレッド、マンゴーあたりもこの時にはチャンスがある。

もっとも、ちょこちょこと新しいジャケットを買ったりするので、実際にはその時々の一番新しいものが選ばれることが多い。

いずれにしても秋冬はこのように選ぶ楽しみがある。


 対して、春夏はTシャツくらいしかパタゴニアをもっていないし、Tシャツなど着ても別に楽しくはない。そもそもパタゴニア以外の服の方が多い。 選ぶ楽しみはない。

春夏は古着屋のWebやオークションも盛り上がらないし、パタゴニアから届くカタログもつまらないのでほとんど刺激がない。 パタゴニアへの思いを吐き出す先がない。


このブログはそんな気持ちの時にちょうどいい。パタゴニアの記事を書くだけでパタゴニアに触れていたい欲求を満たすことができる。

 というわけで、最近もブログの更新を続けている。













続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

レギュレーターとは何か? [R2 R3 R4・フリース]

tshirt b8.jpg

若き日のイボンT -shirt  胸の絵に描かれている人が若き日のイヴォン(本文とは関係ありません)



 分かったようでよく分からない言葉にパタゴニアの「レギュレーター(regulator)」というものがある。R2などに用いられる「R」はこの頭文字だ。

 レギュレーターの意味を調べてみると、「電子回路の一種で、出力される電圧・電流を常に一定に保つように制御する回路のこと」などと出てくる。
 とすると、レギュレーターシステムとは何かを一定に保つために制御するシステムであろう、と思っていた。

 しかし、何を制御(regulate)するのだろう。

 パタゴニアウェブサイトでは、「レギュレーター・インサレーションに使用したロフトのある中空繊維は、体の熱を維持しながら、発汗をともなうアクティビティ時には水分を外へ発散させます。」などと説明がなされているが、何を制御するかは書いていない。 

 一時、ウェブサイトでしつこく調べてみたことがあるが、パタゴニアのレギュレーターが何を制御するからそう呼ばれるのかについては触れられているものは見当たらなかった。

 必要以上の熱の発散を制御するのか。そうではなかろう。むしろ、セールスポイントは水分を外に発散させる機能のはずだ。とすると、発散させる汗の量を一定に制限するのか。しかし、不要な汗はすべて発散させるはずであるから制御してはいないように思える。

 このように考えると、当たり前のようにレギュレーターなどと言っているが、何を regulateするのか、やはりよく分からない。

 しかし、あらためて「regulate」の意味を調べてみると、「調整する」という意味があるようだ。これは上記のウェブサイトの説明にしっくりくる。

 保温性を重視すると汗で蒸れる。透湿性を重視すると寒い。
 この両者をうまく「調整」する素材がパタゴニアの「R」シリーズと理解すればよさそうだ。

 このように勝手に理解し、納得した次第である。

 実際には違っているのかもしれないが…。


 I don't care.



















タグ:R4 R2 R3 イヴォン
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

珍名ジャケット~カタログに一度も載らずに廃盤~ [ハードシェル(00以降)]

 2005年秋冬物にユニークな名称のジャケットが登場した。その名も

 ストレッチメタボリックジャケット

stretch metabolic b.jpg

 
 伸縮性を備えた軽量でコンパクトなハードシェルとのことである。

 イメージ的にはストレッチエレメントの若干格安バージョンといった位置づけであった。デザイン的にもストレッチエレメントに似ていた。

 しかし、いかんせん名前が悪かった。

 多くの男性がメタボという言葉に敏感になっている時分に、敢えて「メタボリックジャケット」など買いたくはなかろう。

 そのためか、他に例のない厳しい扱いを受けることとなった。
 すなわち、同ジャケットは2005 Fall, Late Fall, Winter と三冊のカタログのShell Overview に顔を出しているのだが、いずれにおいても、「オンラインショップ参照」とされ、とうとう単体でカタログに載ることなくその姿を消したのである。

 通常はFall catalogで載らなくても、late fall とか、Winter 、Heaet of Winter あたりでは登場するはずだ。
一度も登場せずに廃盤になったジャケットなど私の記憶ではない。

  かくしてストレッチメタボリックは幻と化した。中古市場でもほとんど目にすることはないのではなかろうか。

  なお、ストレッチメタボリックの後継はストレッチラティテュードというこれまた負けず劣らず地味なジャケットであった。ストレッチラティテュードは2006,2007と登場して後継を持たずにひっそりと姿を消した。

  以後、このラインは製造されていない。















続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション