So-net無料ブログ作成
検索選択

2016年春夏物発表 [新製品発表]

 2016年春夏物に概ねぱっとしない新製品が登場した。

 
stretch rainshadow .fpx.jpg

まずはこれ。
ストレッチレインシャドー。32,400円
2012年をもって廃盤となったあのレインシャドーがストレッチの名称を冠して復活。

2.5層構造、重さわずか294グラムの製品。小さくたたむと自分の中に入り込んで小さくなるフーディニのような製品。

そのわりにはいかなるコンディションからもプロテクションを提供するとされている。

果たして実力はどうか。


次に、こんなもの。
nano puff bivy.fpx.jpg

ナノパフビビー PO 33,480円

ナノパフは2009年にPOで初登場した。以降、2010年にナノパフジャケット、ナノパフフーディー、2011年にナノパフベスト、2012年にナノパフハイブリッド、2014年にナノエアーと種類を増やしていったが、8年目の今年、なぜかBIVYとくっついてしまった。

化繊のパフとダウンのBivyというみょうちきりんな組み合わせである。 ちょっと製品名付けが停滞していないか。


次はbaggies
パーカーとjkt。パーカが24,840円、jkt が17,280円。

baggies parka.fpx.jpg
baggies jkt.jpg


ジャケットの方を見ると、シェルドシンチラと変わりがない。製品の案内でも「シェルド・シンチラ・ジャケットからヒントを得た、春に最適な薄手のジャケット」とされている。
 その違いは本製品は裏地がフリースではなく、メッシュになっている点。シェルドシンチラは裏地がフリースである。


これはR1 フィールドシャツ。 
R1 field shirt.fpx.jpg

21,660円とR1の中で一番高い。

肩と腕と裾が補強されているので、もはやR1部分の残りが少なく見えてしまう。

次はthermal speedwork jkt  17,280円
thermal speedwork jkt(17280en).jpg


「寒い天候下でのトレイルランニングやノルディックスポーツのレイヤリング・アイテムとして最適なジャケット」
とされる。 もともとハーフジップの製品はあったのだが、フルジップのジャケットが登場したので一応載せて置く。

これはダートクラフトジャケット 17,280円

dirt craft jkt (17280en).jpg

「冷涼~寒冷な天候下でのランニングやバイクライディングに適度な通気性を提供する、軽量なストレッチ・ソフトシェル」とのこと。

最近ランニング用のジャケットが多い。 それだけ需要が多い分野なのであろう。

今はなくなっているが、以前はウェブサイトでカタログ請求をする際には、好きなスポーツを選択する質問があった。ランニングを選ぶ人が多かったのではなかろうか。


最後にlight & variable hoody 16,200円
light and variable hoody (16200en).jpg

少し前にも出ていた製品であるが、意識していなかったのでここで紹介してみる。

まあ、普段着である。



最近ウェブをみても、新製品でも「new」と書いていないことが多いし、新着順に並べても新製品が上に来ないことがあるのでよく注意しておかないと知らないうちに新製品が当たり前のように並んでいることがある。
まめなチェックが必要なようだ。

























nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: